W北京ー長安(北京长安街 W 酒店 W Beijing Chang’an)に宿泊【中国・北京のホテル】

北京ではマリオットグループのホテルブランドの1つ、Wホテルに宿泊しました。

SPGとマリオットグループが一つに統合されたので、SPGアメックスカードを使っている私もマリオットのホテルを利用する機会が多くなりました。

マリオットグループにはいろんなホテルブランドがありますが、Wホテルに宿泊するのは今回が初めてです。

エントランスに入るとアロマの香りが漂います。クラブっぽい雰囲気のホテルです。

 

客室内はなんだかラブホ仕様

私が宿泊したのは20階にあるお部屋。25階建の20階なので、かなり高層階を案内されました。

ドアを開けて部屋に入るといきなりお風呂が目の前にあってビックリ。お風呂とベッドがなんの仕切りもなく一直線につながっています。

一応お風呂とベッドの間にはカーテンがあり、間をなんとなく仕切ることはできます。

この大きなお風呂のすぐ後ろが洗面化粧台になっています。

LEDの壁面照明は壁にあるスイッチで色を自在に変更できます。デフォルトだと赤か青に光るようです。

バカでかい投光器のようなスポットライトもあります。

なんだかラブホっぽい雰囲気もありますし、AVの撮影スタジオと言えば言えなくもない雰囲気です。

これ、カップルなら盛り上がるかもですが、家族連れには厳しいですねw

私は一人での宿泊なので、やはり気分は盛り上がりません。若干引き気味ですw


シャワーとトイレがお風呂の奥にありますが、どちらも扉は曇りガラス張りです。やはりカップルのためのホテルといった感じです。

20階の部屋だったので、部屋からの眺望はとても良かったです。

カップルで来てたら本当によい部屋なんだろうなぁ。。。

1階にはいい感じのカフェバーがある!


1階エントランスのすぐ横にあるバーです。

1階なので待ち合わせのロビーも兼ねていますが、なかなかゴージャスでセンスもいい感じです。


夜になって照明が暗くなるとかなり雰囲気のあるバーに変わります。

ここはホテルに宿泊していなくても、軽く飲みにくるだけでも良いかもしれません。

おしゃれな感じなので、カップルで訪れるのにおすすめです。

やはりこのホテルはカップル向けのホテルですね。。。

Wホテル北京の朝食


朝食会場は地下1階のレストランでビュッフェ形式の朝食があります。

地下といっても地上かららせん階段で繋がった吹き抜けになっているので、暗いイメージは全然ありません。


朝食も中国・北京のホテルらしく中華系のメニューが充実しています。

具材を自分で選んで茹でてもらう、ベトナムのフォーのような麺類が美味しかったです。


新鮮な果物を使ったしぼりたてのジュースを飲むこともできます。

Wホテル北京はカップルで北京へ旅行するならおすすめ!


Wホテル北京は部屋の作りや、バーのおしゃれさなど、ホテルというより夜のクラブに遊びに来たような雰囲気のホテルです。


外観も夜になるとWの文字が浮かび上がり、ホテル入り口はディスコクラブの入り口のような感じになります。

若いカップルで訪れるなら、とてもムードが盛り上がっていいと思います。

逆に家族連れで訪れるのは全くおすすめしませんw

場所は北京の地下鉄の1番線と2番線が乗り入れる「建国門」の駅から歩いて7分くらいです。

天安門広場へは地下鉄の1番線で乗り換えなしでいけます。

北京の銀座とも言われる王府井大街にも乗り換えなしで行ける、比較的便利な場所にあります。

北京市内は道が広いので、地図アプリで見る以上に実際には距離があります。時間に余裕を持って移動するのがおすすめです。