ハワイでウミガメと一緒にシュノーケリング&セーリング ホロカイ・カタマラン号【オアフ島・ホノルル】

ハワイに来たら絶対におすすめしたいアクティビティの1つが、カメと一緒に泳げるワイキキ沖のセーリング&シュノーケリングです。

昨年(2017年)に軽い気持ちで初めてこのアクティビティに参加してみたのですが、ハワイの気持ちのいい海を大きなウミガメと一緒に泳げるのはとても感動的で、すっかり虜になってしまいました。

そのときの記事はこちら

今年(2018年)も再び参加しようとしたものの、残念ながら去年乗船したマイタイ・カタマラン号ではセーリングのみでシュノーケリングはやらなくなってしまったようでした。

そこで今回はシュノーケリングもバッチリできる、少し大きな船、ホロカイ・カタマラン号でセーリング&シュノーケリングを体験してきました。

⇒シュノーケリング付きセーリング ホロカイ・カタマラン号<アウトリガー・リーフ発>

ホロカイ・カタマラン号に乗船!

集合場所はアウトリガー・リーフ・ワイキキビーチリゾートホテルの前のビーチの青い傘のデスクです。

日本人スタッフはおらず、英語で受付。

アウトリガー・リーフ・ワイキキビーチリゾートは有名なホテル、ハレクラニとフォート・デ・ルーシ・アメリカ陸軍博物館の間にあるホテルです。

集合時には船は停泊していませんが、時間になると港の方からやってくるようです。

船にはおよそ20人ほどが乗船。うち日本人は私と中年の女性3人組の4人で、他は皆外国人ばかりでした。

ただ外国人同士でも皆さん初めましての人ばかりなので、特に居づらい感じはありませんでした。

ワイキキ沖に出てシュノーケリング!

船内では英語でいろいろ説明があります。私はほんのちょっとしか理解できませんでした。カメには触ってはいけないとか、そんな説明だったと思います。

シュノーケルとゴーグル、ライフジャケット、フィンは船内で貸してもらえます。

シュノーケルで水中に潜りたい、泳ぎに自信のある人はライフジャケットは着用しなくてもOKです。私もライフジャケットは受け取ったものの、使いませんでした。

砂浜から20〜30分ほど行ったところで船は停泊。どうやらこのあたりがウミガメスポットのようです。いよいよシュノーケリング開始です。

近くには同じような船が2隻あり、ホロカイ・カタマラン号と合わせて3隻ほどが停泊していました。

それぞれシュノーケルを楽しむ人が海に飛び込むので、意外とたくさんの人が泳いでいます。

カメに夢中になって海に潜り、呼吸が苦しくなって慌てて浮上すると、他の人にぶつかるといったことが何度かありました。

シュノーケリングを楽しんだ後は帆を広げてセーリング!

ウミガメと泳ぐシュノーケリングの後は、帆を広げてワイキキの沖をセーリングです。

大きく広げた帆にいっぱいの風を受けてのセーリングは、かなりスピードが出る上に船の揺れも立っていられないほどすごいです。

船の真ん中に座っていても水しぶきを受けるほど激しいです。

船酔いしやすい人は、絶対に乗り物酔いの薬を飲んできてください。

セーリング中、船内ではドリンクが注文でき、小腹が空いたときはスナックを無料でもらえます。

ドリンク代の支払いは砂浜に戻ってから船上で行います。

セーリング中はお酒も販売しているので、トイレが近くなる人もいるでしょう。

船内にトイレはありますが、1カ所だけなので、行けるうちに行っておくのがおすすめです。

ハワイ・ホノルルでカメと泳ぐのにおすすめのオプションツアー

今回私が参加したのは、オプションツアーのベルトラにある「シュノーケリング付きセーリング ホロカイ・カタマラン号<アウトリガー・リーフ発>」というツアーです。

料金は私が参加した時は大人一人60ドル。

オアフ島発でシュノーケリングを楽しむオプションツアーは他にもたくさんありますが、このツアーは4時間程度で終わるということもあって、おそらく一番安く参加できます。

時間も短くワイキキからそんなに遠くへは行かないので、前後の予定を組みやすいです。ハワイに弾丸ツアーで来ている人がとにかくハワイの海を感じたいという場合にもおすすめです。

ベルトラのオアフ島のオプションツアーでは、他にもイルカと泳げるツアーや熱帯魚がたくさんいるハナウマ湾シュノーケリングツアーなどもありますよ。