ホノルルマラソン2018に参加。7時間以上かけて歩いて完走!【ハワイ旅行】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

ハワイ・ホノルルで毎年12月の第二日曜日に開催されるホノルルマラソンに、2018年の今年も参加してきました。

12月といえば師走。

年末の忙しい時期に仕事を休んで遠くハワイへ行き、さらにフルマラソンを走るとか、おかしな話ではあるのですが、私はよほどの事情がない限り毎年参加することにしています。

自営業で自分でコツコツ仕事をしている身だと、適度に旅行することが仕事に「締め切り」を生むし、仕事へのモチベーションにもなってよいと思っています。

さらにマラソンに出るとなれば、食事や健康もそれなりに意識するようになりますからね。

私の目で見たホノルルマラソン2018の当日の様子をお伝えしますね。

ホノルルマラソン2018、スタート〜10kmあたりまで

スタートは朝の5時。

スタート地点のアラモアナショッピングセンター南側の大通りではものすごい数のランナーが集結しています。

朝5時なので、まだ太陽は出ておらず、真っ暗な中をスタートの合図とともに盛大に花火が打ち上がります。

他のマラソン大会と違って、ホノルルマラソンはお祭り感がすごくあります。

ランナーもハワイならではの格好をしていたりします。

常夏のハワイだけに、日中は気温も高くなるため、日本の他のマラソン大会に比べると薄着で軽装のランナーが多いのもホノルルマラソンの特徴ですね。

露出度が高めの美ジョガーの姿もよく見かけますw

ホノルルマラソンでは42.195kmのフルマラソンと、10kmラン&ウォーク、車椅子の3つの部門があり、フルマラソンと10kmラン&ウォークは同じ場所から同時にスタートします。

10kmラン&ウォークは子供と一緒に走る人も多く、中にはベビーカーを押して走る人もいます。

スタートからおよそ11kmくらいまではホノルルの中心街、アラモアナやダウンタウン、ワイキキの通りを駆け抜けます。

ホノルルマラソンは参加者が3万人を超える世界屈指の大規模レースなので、ランナーが多すぎてトイレが非常に混むという問題があります。

また、朝が早すぎるので体調が整わない方もいるでしょう。

マラソン中にコースアウトするのは不謹慎なのかもしれませんが、ワイキキ周辺のホテルに宿泊して自分の部屋に戻ってトイレを済ませたり、体調を整えるのも作戦としてはアリです。

もちろん時間はロスしますが、ホノルルマラソンは制限時間がないのでこうしたこともできます。私はほぼ毎年やってますね。。。

ホノルルマラソン中盤(10km〜25kmくらい)

ホノルルマラソンは朝5時にスタートですが、7時前後になると朝日が昇って空が明るくなってきます。

天候が良く、それなりによいペースで走ることができれば、ダイヤモンドヘッドのあたりで海から昇る朝日を見ることができます。

今回はかなり遅いペースなので、太陽はかなり昇ってしまっていましたね。

今回のホノルルマラソンではバレーボールの木村沙織選手もランナーとして参加されていました。

背が高くてとってもかわいらしい方ですね。

ホノルルマラソンの中盤はハイウェイを走ります。景色が単調になる上に疲労もそれなりに出てくるので、ここからがしんどくなってきます。

ハイウェイは単調なので、仮装が面白い人を探すと良いと思います。

サンタさんいました!w

ホノルルマラソン後半。歩いてゴールを目指せ!w

ハイウェイの折り返し地点のあるハワイカイ地区はとても景色のいいところです。

私はもうこのあたりではすでに走るのを諦めてひたすら歩いていましたが、景色もよく、心地よい風も吹いていて、マラソン中とはいえ歩いていれば非常に快適でした。

ハワイカイの折り返しを過ぎたところにある28kmの給水所は、ワイキキとは違った静かで落ち着いたハワイらしさを感じられるところです。

ハワイカイの折り返しを過ぎて再びハイウェイに戻ると、距離はスタートからおよそ30km。ここからがホノルルマラソンでは一番のがんばりどころです。

私はすでに諦めてウォーカーのように歩き続けていましたw

それでも36kmくらいまでがんばれば、ハイウェイを抜けて超豪華な別荘がならぶカハラ地区の高級住宅街に入ります。

ダイヤモンドヘッドの上り坂が苦しいところですが、歩いていけばそれほど大変ではありません(走りましょうw)。

ダイヤモンドヘッドの綺麗だけど苦しい坂道を抜けると、ゴールはもうすぐです。

なんとかホノルルマラソン2018を完走しました。

半分以上の距離を歩いてしまいましたが、手元の時計では7時間35分くらいでの完走です。

ホノルルマラソンは今回で9回目の参加でしたが、過去ワーストの記録となりましたw

それでもなんとか頑張って走り通そうとしていた時よりも、身体のダメージは明らかに少ないです。

フルマラソンを走りきる自信のない人でも、歩いてゴールを目指せば十分行けるなと思いました。

ホノルルマラソンの完走証を受け取る

完走した翌日、完走証をハワイ・コンベンションセンターで受け取ります。

翌日に帰国するなどで完走証を受け取れない人は、ホノルルマラソン事務局の公式サイトからダウンロードの案内があります。

正式な記録は7時間18分51秒でした。

人が多過ぎてスタートの計測ゲートを通過するのに、スタートの花火から20分近くかかっていたようです。

がんばって走りきったとは言えない今回のホノルルマラソンでしたが、ハワイの美しい風景とも相まって、やっぱり来てよかったなと思いました。