フォーポイントバイシェラトン・ジャカルタ・タムリン滞在記。コスパ良すぎる宿泊【インドネシア旅行2019】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

2019年6月にインドネシア・ジャカルタへ旅行した際、フォーポイントバイシェラトン・ジャカルタ・タムリンに宿泊しました。

Marriott Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)のホテルではリワード・カテゴリー2に位置付けられているホテルです。

このホテルは実際に滞在してみて、非常にコストパフォーマンスが良いと感じたので宿泊レビューします。

フォーポイントバイシェラトン・ジャカルタ・タムリンの客室内

今回予約したのはデラックスゲストルーム、1キングベッドのシティビューのお部屋です。

4泊しましたが、料金は合計361万2000ルピア(約27400円)で、一泊あたり6850円という、とても格安なホテルです。

フォーポイントバイシェラトン・ジャカルタ・タムリンはクラブルームもスイートルームもないホテルですが、客室は1番広い部屋にアサインされたようです。

マリオットボンヴォイのプラチナエリート会員なので、このホテルでできる最高の部屋を割り当てていただいたようですね。

ベッド周りはキングサイズベットが鎮座しているので決して広くはありませんが、ベッドの寝心地は十分に快適です。

ベッドサイトにも電源があるので、ベッドでごろごろしながらスマホを見ることもできます。

デスク周り

デスクの下に冷蔵庫があるのですが、ミニバーなどは特になく空っぽの冷蔵庫なので、冷やすものがなく音が気になる場合は電源をオフにしておくと良いでしょう。

お水は600ミリリットルのペットボトルの水が2本、毎日補充されます。

ジャカルタの水道水は飲むと当たるようなので、歯磨き等もこの水を使います。

近所に飲食店はありますが、コンビニエンスストア的な気軽にお水を購入できるお店がないため、この水は大切に使いましょう。

部屋に備え付けのコーヒーや紅茶です。コーヒーはインスタントですね。

デスク周りのコンセントは1つだけですが、電気ポットのあるコーナーにコンセントがもう一つとUSB給電ができるソケットが1つあります。

合わせて2つのコンセントが使えるので、スマホやデジカメ、ノートパソコンなどの充電には困りませんでした。

インドネシアではタイプCのコンセントプラグが必要です。日本の電化製品のコンセントはそのままでは使えないので注意しましょう。

デスクの上には、ウェルカムクッキーとマシュマロ、パンケーキが置かれていました。

決して高級ホテルではありませんが「精一杯のおもてなしをしよう」という気持ちが感じられますね。

クローゼット・収納スペース

クローゼットは1人で宿泊するには十分な広さで金庫も備え付けられています。アイロンも備え付けられているので、ビジネスホテルとしては充分でしょう。

クローゼット横はスーツケースを置くスペースになっています。収納スペースがしっかり確保されているので、長期の宿泊でもまずまず使いやすいと思います。

洗面所・トイレ・シャワー

設備のお手入れは行き届いていて、とても清潔な感じです。

洗面所には歯ブラシなども一通り備え付けられています。ただし水道水は飲めないので注意しましょう。

シャワーは浴槽がなく、浴びるだけのシャワーになります。お湯はちゃんと出ますが、水圧はあまり勢いがありません。

アメニティーにはフォーポイントバイシェラトンの自社ブランドのものが使われています。

フォーポイントバイシェラトンジャカルタタムリンの朝食

マリオットのプラチナエリートメンバーの特典を、今回はポイントではなく朝食にしました。

朝食会場は1階ロビーのバーの奥にあります。

朝食のビュッフェは意外に種類が多いですが、利用客が少ないとパサパサに乾燥してしまったりするのが欠点ですね。

ここの朝食は、オーダーして作ってもらうのが正解です。

こちらの卵料理のコーナーで、ポーチドエッグを作ってもらいました。

出てきたポーチドエッグはこちらです。

卵とバンズの間にサーモンがサンドされていて、お味のほうもなかなかでした。

スタッフの皆さんもとてもフレンドリーに接してくれます。

このホテルでの宿泊費を考えるとサービスに関しては非常にコスパが高いと思います。

フォーポイントバイシェラトンジャカルタタムリンのジム

建物の2階にトレーニングジムがあります。

トレッドミルが二台にステッパーとエアロバイクがあります。有酸素運動であれば問題なくできますね。

筋トレのほうはダンベルしかなく、それほど高重量のものはありません。体を鈍らせないように動かす程度ですね。

私も宿泊中にここのトレッドミルを3回利用しました。

他の利用者がいないのもあって、割と快適でした。

フォーポイントバイシェラトンジャカルタタムリンのエントランス、ロビー

ホテルの入り口前は、車1台が通れるほどの車付しかありません。

ホテルの入り口にはセキュリティーゲートもあります。

ジャカルタ市内のホテルの入り口はどこも警備が厳重で、タクシーで乗り入れる場合も一旦停止して、警備員がトランクの中を確認していました。

これはこのホテルに限った話ではなく、ジャカルタのほぼ全てのホテルでこうなっているので、少し面倒ですが仕方ないですね。

入り口を入ってすぐがこのホテルのフロントです。ここのスタッフさんは皆さんにこやかに接してくれました。

ホテルの建物を外から見るとこんな感じです。

普通のオフィスビルのような建物ですが、1番上にフォーポインツのネオンサインがあり、高い建物なので遠くからでもこれが見えます。

目の前の大通りをタクシーやGrabで走ってくる場合も上のポインツの文字だけはしっかり見えるので、場所の案内はしやすいです。

フォーポイントバイシェラトンジャカルタタムリンのちょっと残念なところ

格安でビジネスホテルとしては非常にコスパが良いホテルですが、残念なこともいくつかありました。

外の騒音がうるさすぎ

大通りに面しているので仕方ないのですが、夜でもクラクションを鳴らす車が多く、非常にうるさいです。

夜は耳栓などをしなければ寝れなかったです。

宿泊するなら、耳栓やノイズキャンセリングヘッドホンなどが必須ですね。

周辺環境についてはいかんともしがたいですが…。

近所にコンビニがない

ホテルの周辺に飲食店やスタバなどはたくさんあるのですが、コンビニエンスストアがありません。

ペットボトルの水やお菓子とか、ちょっとしたものを近所で買うことができません。

これは地味に不便でしたね。

とは言え、これもホテル側の努力ではどうしようもないので仕方ないですね。

フォーポイントバイシェラトンジャカルタタムリンの場所とアクセス

場所はジャカルタの中心部、観光名所でもあるモナスの少し南にあります。

スカルノ・ハッタ空港からは、道が渋滞していなければタクシーで40分ぐらいで来れます。

空港からだと距離的には少し遠回りになりますが、高速道路を使って南側から行くと早いようです。

日本人向けの店の多い繁華街のブロックMからはタクシーやGrabの車で20分くらいで行けます。

ホテルの目の前にバス停もあります。

フォーポイントバイシェラトンジャカルタタムリンはマリオットのプラチナ修行に最適!

年間50泊しなければ到達できないマリオットボンヴォイのプラチナエリート。

このホテルは1泊7000円以下で宿泊でき、マリオット系列のホテルでは世界的に見ても最安値の部類に入ると思います。

日本からジャカルタまで行くのはさすがに遠いですが、ジャカルタまで訪れる機会があればマリオットのホテル修行には最適です。

ホテル自体のサービスは値段の割には素晴らしいものがあったので、ジャカルタに旅行や出張で訪れる際は、金額を抑えて宿泊実績を重ねるために連泊するのも悪くないと思いますよ。