インドネシアルピアへの両替は日本の空港?ジャカルタ市内?どこの両替商が一番お得か徹底比較【2019年版】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

インドネシアへ旅行するにあたって、日本円をどこで両替するのが一番お得なのか。

ちょうど先日初めてインドネシア・ジャカルタへ旅行する機会があったので、

1万円をいろんな両替所で両替し、
どこが一番多くインドネシアルピアに交換してもらえるか

というとてもシンプルな方法で徹底検証してみました。

中部国際空港の両替所で1万円をルピアに両替

私の地元・名古屋の中部国際空港セントレアの各航空会社のチェックインカウンターがあるアクセスプラザ3階出発ロビーにある両替所です。

ここでは1万円を両替すると、86万インドネシアルピアに変わりました。(両替日:2019/06/04)

初めてのインドネシア行きで現地の物価も知らずに金額の桁が一気に大きくなったので、急にお金持ちになったような気分ですw

成田空港国際線出発ゲートにある両替所

セントレアから成田空港に到着し、国際線の出国審査を通った先にある両替所です。

ここでも1万円札を1枚、インドネシアルピアへ両替してみました。

こちらの両替所では1万円が90万インドネシアルピアに変わりました。(両替日:2019/06/04)

中部国際空港セントレアの両替所よりも4万ルピアお得に両替することができました。

スカルノハッタ空港到着ゲート横の両替所

成田空港からJALの飛行機に乗り、約7時間のフライトを終えて無事にインドネシア・ジャカルタのスカルノハッタ空港に到着しました。

到着ゲートを出るとタクシーの勧誘の声がやたらかかりますが、全て無視して先に進むと両替所が3件ほど軒を連ねていました。

3件とも店の横に両替レートを提示していたので、一番レートが良いこちらのBNIの両替商で両替することにしました。

こちらの両替商では、1万円がなんと127万インドネシアルピアに変わりました!(両替日:2019/06/04)

一番最初に両替したセントレアの両替商と比較すると、なんと41万ルピアもこちらの方が多いです!

同じ1万円を両替したのに信じられません!

セントレアで両替したときはお金持ちになった気分だったのに、ここスカルノハッタ空港に到着して、いきなり大損した気分になりました。

日本国内の空港で両替するのと、インドネシア・ジャカルタの空港で両替するのとでは、こんなにもレートが違うとは!

すっかり日本にぼったくられたような気分になりました。。。

ジャカルタ市内の両替商、ROYAL MONEY CHANGER

ジャカルタ市内で日本人向けのお店が多いと言われる繁華街、ブロックMに行くと、両替商が2件ならんでいるのが見えました。

どちらで両替しても良いのですが、まずは右の赤い看板にお店、ROYAL MONEY CHANGERで1万円を両替してみることにしました。

ちょっと明細書の印字が薄くて見にくいのですが、この両替商では1万円が130万インドネシアルピアに変わりました。(両替日:2019/06/07)

スカルノハッタ空港の両替所よりもさらに良いレートでの両替です。

やはりジャカルタ市内の両替商の方が少しレートが良いですね。

この両替商では特にパスポートの提示を求められることなく両替することができました。

ジャカルタ市内の両替商、dolor asia MONEY CHANGER

ジャカルタ市内、ブロックMで2件並んでいた両替商の左側のお店です。

こちらの両替商では1万円が128万インドネシアルピアに変わりました。(両替日:2019/06/07)

隣の両替商よりは2万ルピア少ない金額ですが、それでもスカルノハッタ空港の両替所よりも1万ルピア多く、日本の空港の両替所とは比べものにならないほどお得なレートです。

こちらの両替所では隣のROYAL MONEY CHANGERとは違い、両替時にパスポートの提示を求められます。

レートは隣の店の方がよいので、2件並んでいる両替商を見かけたら、赤い看板のお店に入るとよいでしょう。

場所はこちらです。

ブロックMプラザ3階、Tri Tunggal Money Changer

ブロックMプラザの3階にある両替商です。

こちらはとてもお得に両替できるところとして、いろんなブログやサイトで紹介されていた両替商です。

さっそく1万円をインドネシアルピアに両替してもらいました。

こちらの両替商Tri Tunggal Money Changerでは、1万円が131万5000ルピアになりました。(両替日:2019/06/08)

ネットでの噂通り、これまで検証した中では一番よいレートで両替することができました。

Tri Tunggal Money ChangerはブロックMプラザのエレベーターで3階に上がってすぐ目の前にあるお店です。

ただブロックMプラザ内の店舗案内などが見当たらず、私はここにたどり着くのにかなり苦労しました。

これからジャカルタへ行かれる方は、エレベーターで3階へ上がってすぐだと覚えておいてください。

ブロックMプラザはGrabの車やバイクタクシーでいくと便利ですよ。

インドネシア・ジャカルタ旅行のお得な両替検証まとめ

日本円からインドネシアルピアへの両替はどこで行うのが一番お得か。

これを検証するために、日本の空港2カ所、インドネシアの空港1カ所、ジャカルタ市内の両替商3カ所の合計6カ所で、それぞれ1万円ずつを両替してきました。

両替した日が複数日に渡りますが、調査期間中の為替レートにはほとんど差はなく、1インドネシアルピア=0.0076円でした。

日本円からの両替はジャカルタ市内の両替商がレートはお得でした。

一番お得だったのはブロックMプラザ3階にあるTri Tunggal Money Changerという両替所で、1万円が131万5000ルピアになりました。

しかしスカルノハッタ空港の両替商との差は4万5000ルピア(約343円)とわずかなので、ジャカルタでの滞在期間が短い人はスカルノハッタ空港でまとめて両替しておいた方が時間的なメリットはあるでしょう。

スカルノハッタ空港の両替商はJAL便での到着なら国際線到着ゲートを出てすぐ横なので、迷うことなく見つかります。

交換レートが一番悪かったセントレアの両替所と、一番良かったジャカルタ市内の両替商とでは、同じ1万円の両替で45万5000ルピア(約3,375円)もの差があります。

ジャカルタへ行く際は日本の空港での円→インドネシアルピア両替は全くする必要なしです。

というか、ここまで交換レートに差があれば、日本国内でインドネシアルピアへ両替しては絶対にダメですねw

英語ができなくても現地で両替くらいはできる

日本国内ではなく渡航先の海外の両替商での両替となると、英語ができない人にとってはハードルが高く感じるものです。

ただ、現金を両替するくらいなら難しい英語でのやりとりは必要ありません。

私も英語はほとんどできませんが、両替商のカウンターで1万円札を差し出し、

エクスチェンジ ルピア プリーズ

と告げただけです。

後はいくらで両替できるかを両替商の方が数字を紙に書いたり、電卓で数字を示したりしてくれるので、それで良ければOKというだけです。

今回のジャカルタ旅行では日本の空港よりもレートの良い両替商ばかりだったので、OKしか言いませんでしたw

両替時にはパスポートプリーズとパスポートの提示を求められることが多いので、両替する時はパスポートも持参しましょう。

現金は意外と使う機会はわりと多い。財布に50万ルピア程度の現金を入れておこう!

ジャカルタ市内ではVISA、Master、AMEXを問わずクレジットカードはかなりのお店で使えます。

しかし10万ルピアに満たない少額の支払いではカード払いを断られることもありました。

ジャカルタ市内の移動もGrabでクレジットカードを登録して使えばカード払いになりますが、タクシーを使うなら現金払いです。

タクシーは市内から空港までの移動で20万ルピアくらいかかります。

財布の中には常に最低でも50万ルピアくらいは現金を入れておいた方が良いでしょう。