7月14日のフランス革命記念日パレードとエッフェル塔の花火を観る【フランス旅行2016】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

7/14はフランス革命記念日。

1789年7月14日のバスティーユの牢獄が襲撃された日がフランス革命の始まりとして、フランスでは7月14日は国中を上げてお祝いをします。

パリのシャンゼリゼ通りでは、軍事パレードが盛大に行われ、夜はエッフェル塔のすぐ横で花火大会が開かれます。

パリだけでなく、フランス全土で花火が上がり、7/14はフランス中がお祭りです。

私はこれを観るために、この時期のパリに来たといっても過言ではないくらいなので、とても楽しみなイベントです。

シャンゼリゼ通りの軍事パレードは午前中、10時頃に行われます。

ただ、良い場所でパレードを観るためには朝6時くらいから場所取りが必要と、オプションツアーでお世話になったマイバスフランスのガイドの方に言われていました。

しかし前日にモンサンミッシェルツアーに行き、ホテルに戻ったのが午前様だった私は、朝から並ぶのは諦めました。

翌朝、9時くらいにシャンゼリゼ通りに向かいます。しかし交通規制でタクシーは無理。地下鉄も最寄り駅は下車できなくなっており、手前の駅で降りて歩いて移動です。

本格的すぎる軍事パレードに大興奮!

IMG_2650

駅の出口では革命パレードの旗が配られていました。

IMG_2652

パリ市内はテロ対策で非常に警備が厳しく、駅から出て早々に警官の検問が行われていました。カバンの中身を見せて、通過します。武器や爆発物のチェックをしているのだと思います。

シャンゼリゼ通りに来ると、確かに人が多く、前の方では見れませんが、なんとかパレードは観ることができそうです。

なんとか写真が撮れそうな所に入り込み、パレードの行進を待ちます。

IMG_2762パレードが始まりました!

兵隊の行進はもちろん、装甲車や戦車も登場する本格的なパレードです。

IMG_2709 IMG_2710

シャンゼリゼ通りの上空では、フランス国旗のトリコロールをイメージした、青、白、赤の煙を上げたジェット戦闘機がスクランブルを組んで飛行しています!

IMG_2832

IMG_2905

IMG_2937

これだけ大規模なパレードは今までに見たことがありません!大興奮です!

装甲車や、戦車、迫撃砲などの他にも、工事車両や消防車などもパレードに参加しています。

IMG_3033

消防士はパリでは人気のある職業のようで、消防車が通ると歓声があがっていました。若いイケメン消防士がモテるらしいですw

お昼近くになりパレードは終了。これだけガラガラになるシャンゼリゼ通りも珍しいと思いますね。

IMG_3041

夜はエッフェル塔の横で盛大な花火大会

フランス革命記念日の夜は、エッフェル塔の横で盛大な花火大会が行われます。

夜といっても、夏のパリの日の入りは非常に遅く、花火が始まるのは夜11時からです。

パリ市内のセーヌ川沿いであれば、ほとんどの場所からエッフェル塔を眺めることができます。

セーヌ川沿いには、どこの橋でもたくさんの見物客が訪れていました。

私はアレキサンダー3世橋から観るつもりでしたが、あまりに人が多かったため、エッフェル塔に向かってひとつ前の橋に移動して花火を鑑賞しました。

IMG_3249

IMG_3666

IMG_3506橋の最前列とはいきませんでしたが、なんとかエッフェル塔の横に煌めく花火を観ることができました!

フランス革命記念日パレードと花火大会を観れて感無量です!

遠くパリまで来て、本当に良かったと思った瞬間でした。

南仏ニースで爆破テロ事件が発生

セーヌ川沿いでエッフェル塔の横の花火大会を楽しんでいる頃、南仏のニースでは、なんと革命記念日の花火大会を狙った爆破テロが起きました。

パリと南仏のニースは東京と青森くらい離れているので、パリにいた私には全く被害はありませんでしたが、私がフランスにいることを知っている友人たちはとても心配したようです。

私もホテルに戻ってネットを見るまでテロ事件を知らず、ニースでは大変なことになっていると日本の友人から知りました。

パリ市内は非常に警備が厳重でしたが、地方都市では警備も限界があります。その隙を狙うテロは本当に許せないですね。

 

パリへの航空券・ホテルはエクスペディアで予約しました!
>>海外ホテル最低価格保証のエクスペディア

出先でスマホでGoogleマップを使うなら海外Wi-Fiのレンタルを!
>>海外モバイルWi-FiならグローバルWi-Fi

フランスの現地オプションツアーは日本語でネット予約が安心・確実!
>>ベルトラのフランス現地オプショナルツアー一覧