ハイデルベルク城と旧市街観光。フランクフルトから日帰りで行ってきました!【ドイツ旅行】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

ドイツ旅行、宿泊中のフランクフルトから少し足を伸ばしてハイデルベルクへ日帰り旅行してきました。

ハイデルベルクには13世紀に建てられた古いお城とドイツ最古の大学がある街です。

古い街並みのある学生街ということで、日本で言えば京都のようなところでしょうか?

金融や商業の街であるフランクフルトとはまた違ったドイツの歴史を感じられる街並みを散策するため、行ってまいりました。(催行:2019年7月10日)

ハイデルベルク城は戦禍の跡を残す高台の城

これがハイデルベルク城です。

お城には高台の麓の旧市街からケーブルカーで登ることができますが、私はハイデルベルク中央駅からいきなりタクシーでお城に参上しました。実に風情のない男ですw

このお城は度重なる戦争で幾度も被災したそうですが、だからといって完全な姿に修復する気もないようで、廃墟のような雰囲気があります。

こちらは別のアングルから撮影したもの。芝生はしっかり手入れされていますねw

ハイデルベルク城から旧市街を見下ろすと、赤レンガの屋根の街並みが美しいです。街並みだけでなく、周囲は自然も豊かなのがわかります。

真ん中に見える鐘楼のある大きな建物はハイデルベルクの聖霊教会で、その隣のグレーの屋根の建物はハイデルベルクの市庁舎です。

右の木に隠れていますが、ネッカー川にかかるカール・テオドール橋も少しだけ見えます。

こちらはハイデルベルク城の入り口の時計台です。入り口には係員がいて、チケットをチェックしています。

私はここまでタクシーで来てしまったため、この向かいにあるインフォメーションセンターでチケットを購入し、ついでに音声ガイド端末を借りました。

こちらがインフォメーションセンターです。ケーブルカーの切符がない人はここでハイデルベルク城の入場チケットを購入できます。

音声ガイド端末の貸し出しもしており、日本語も対応しています。

ただし音声ガイド端末を借りる際はパスポートかクレジットカードを係員に預ける必要があります。

預けたパスポートもしくはクレジットカードは端末返却時に返還されます。

端末が盗まれないようにするための措置のようですが、ちょっと面食らいつつ、私はクレジットカードを1枚預けて音声ガイドを借りました。

オットーハインリッヒ館

ハイデルベルク城の中にあるオットーハインリッヒ館です。

館といっても4階のうち今は上の2階は壁しかないハリボテ状態です。しかし装飾は美しいですね。中はちょっとした博物館になっています。

フリードリッヒ館

ハイデルベルク城の中でオットーハインリッヒ館の斜め隣にあるのがフリードリッヒ館です。

内部には礼拝堂などがあり、ハイデルベルク城の中ではもっとも大きい建物です。

フリードリッヒ館にも歴代の選帝侯の彫像が飾られています。

フリードリッヒ館の前の下り坂の通路を進むと、建物内にカフェスペースがあります。歩き疲れたらここでちょっとコーヒーブレイクするのも良さそうです。

フリードリッヒ館を抜けて外に出たところです。

ここから眺めるハイデルベルクの旧市街も美しいです。

ここから見える橋を渡ったところから見上げるハイデルベルク城は、かなりインスタ映えそうな気がしますが、今回は橋までは行けず。。。

巨大なワイン樽

ハイデルベルク城内にある16世紀に作られた巨大なワイン樽です。直径が3階建の建物くらいの高さがあります。

最初に作られたワイン樽は30年戦争で消失し、現在はカール・テオドール選帝侯の時に作られた4代目だそうです。

22万リットルのワインを貯蔵できるとか。

歴史に興味ある方はハイデルベルク城の公式サイトで見てみると面白いと思います。

The Barrel Building Heidelberg Palace

ハイデルベルクの旧市街を散策

ハイデルベルク城からケーブルカーを利用して旧市街に降り立つと、駅からすぐのところにあるマルクト広場です。

彫像の後ろの高台に見えるのがハイデルベルク城です。

こちらはハイデルベルクの聖霊教会です。街のシンボル的な存在です。

ハイデルベルクの旧市街の真ん中はハウプト通りという歩行者天国の通りがあり、ここをのんびりと歩きます。

古い時代のドイツの街並みにカフェや民芸品店など様々なお店が立ち並んでいます。

この日は平日でしたが、観光客も多いですね。

歩行者天国のハウプト通りを端まで歩いたところに路面電車の停留所があります。

ここから路面電車に乗ってハイデルベルク中央駅まで戻りました。

フランクフルトからハイデルベルクへ行くには

ハイデルベルクはフランクフルトからは南に位置しています。

私は列車で行きましたが、フランクフルト中央駅〜マンハイム中央駅間は特急列車ICEで、マンハイム〜ハイデルベルク中央駅間をSバーンに乗り換えて2時間弱で行けました。

この時はドイツ鉄道にまだ不慣れで切符の買い方がよくわからなかったため、旅費は行きが21.3ユーロ、帰りがなぜか32ユーロでしたw

ドイツ鉄道DBのアプリを見ると、フランクフルト中央駅からハイデルベルク中央駅まで乗り換えなしのICEもあるので、そちらに乗れると1時間ほどで行けるようです。

ドイツの駅名はHauptbahnhof、略してhbfと付いている駅が中央駅です。

フランクフルト中央駅はFrankfurt hbf、ハイデルベルク中央駅はHeidelberg hbfと表記されています。覚えておくと切符を券売機で購入するときに便利です。

ハイデルベルク城とハイデルベルク旧市街を結ぶケーブルカー

ハイデルベルク中央駅からハイデルベルク城の入り口まではタクシーで15分ほど、料金も12ユーロほどで行けます。

しかし街並みも美しいところなので、ハイデルベルク中央駅からSバーン列車で2駅先のHeidelberg-Altstadt駅まで行き、そこからハウプト通りを15分ほど歩いてケーブルカーの駅まで行くのもおすすめです。

ハイデルベルク市街と高台にあるハイデルベルク城の間はケーブルカーが通っているので、これに乗っていきましょう。歩いていたらとても大変な急斜面をケーブルカーは一気に登っていきます。

ハイデルベルク城とケーブルカーのチケットは共通で、ハイデルベルク城でケーブルカーのチケットを見せると入場できます。

ケーブルカーを使わず直接タクシーなどでハイデルベルク城まできた場合は、ハイデルベルク城のすぐそばにあるこちらのインフォメーションセンターで入場券を購入すればOKです。