ミラノ市内観光。最後の晩餐も見てきました!【イタリア旅行2019】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

2019年夏のヨーロッパ旅行の際、イタリア・ミラノでミラノ市内観光に最後の晩餐のチケットもついたツアーに参加してきました。

ミラノに訪れるのはこれが2回目なので、ミラノ市内観光自体は初めてではありません。

しかしレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」は入場チケットをなかなか入手することができなかったため、こちらの入場付きツアーに申し込みました。

「最後の晩餐」入場付き!ミラノ半日観光 日本語ガイドツアー<午前 or 午後/日本語ガイド> by Max Harvest

ミラノ在住30年という超ベテラン日本人ガイドさんの案内でミラノ市内を見て回りました。せっかくなので、旅の記録としてメモしておきます。

ミラノのドゥオーモ

ミラノのドゥオーモです。ミラノには2年前にも来ていますが、改めてみるとやはり大きくて立派ですね。

ドゥオーモの内部は相変わらずものすごい広さです。

マレーシアでプトラモスクを訪れた際に、このモスクは15000人を収容できると聞きましたが、ミラノのドゥオーモの内部はそのプトラモスクよりも広いのではないかと思わせられます。

実際は天井がめちゃくちゃ高いから広く見えるだけなのかもしれませんが。

ミラノのドゥオーモ内の正面入り口近くにいる、他とはちょっと変わったこの像。

2年前に見たときは誰かわかりませんでしたが、ガイドさんの解説によると、イエスの最後の晩餐に描かれている人物の中の一人で、イエスの死後に苦難の道を歩んだ聖者の一人だそう。

この人は全身の皮膚を剥がされる拷問を受けてこのような姿になり、背後には剥がされた顔面の皮膚や頭髪などを示すデスマスクのような顔も彫られています。

何も知らず、本当に失礼いたしました。

ミラノのドゥオーモのステンドグラスは何度見ても美しいですね。

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

ドゥオーモを出てすぐ右手にあるヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアです。ここもミラノに来たら必ず行くことになる場所ですね。

ガッレリアの中心はなかなかのインスタ映えスポットですが、人が本当に多いです。おそらく観光客ばかりですね。

この通りが交差する角の一等地には現在PRADAがメンズとレディースの2店舗、向き合うようにテナントとして入っています。

しかし昔は今PRADAのメンズが入っている方のお店には、なんとマクドナルドのお店が入っていたそうです。

高級感あふれる場所だけに、ミラノ在住30年のガイドさんもがっかりした感じで教えてくれましたw

また、ガッレリアの交差点の一角の床には、雄牛の紋章が描かれています。

昔このあたりで権力争いをしていた貴族の紋章ですが、この雄牛のタマタマをかかとで踏みつけて3回まわると願いが叶う?と言われています。

当の貴族にとってはものすごい嫌がらせだなと思いましたが、実際にかかとで踏みつけてクルクル回っている人の姿は後を絶ちませんw

スカラ座

ガッレリアを通り抜けてすぐのところにあるミラノのスカラ座です。

外からみるとそれほど大きな建物ではありませんが、時代とともに奥の方にどんどん増改築が進み、中に入ると外観からは想像がつかないほど広いです。

こちらがスカラ座の劇場です。

観客席は壁の上の方、天井の際まで座席があり、これがいわゆる天井桟敷だそうです。

上映時間ではないため舞台の奥まで見えますが、かなり奥が広くなっているのがわかりますね。

スカラ座は劇場の他に、これまでの有名な劇作家などの歴史を記す、スカラ座博物館も併設されています。

今回私はツアーで来ているので駆け足でさっと見ただけですが、演劇の歴史に興味のある方であれば楽しめる場所なのかなと思います。

最後の晩餐があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院へ

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の壁画を収蔵しているサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院です。

最後の晩餐の鑑賞は時間制限・人数制限がかけられていて、1グループごとに15分の鑑賞時間になります。

最初は商売っ気を出して入場制限しているのかと思っていましたが、最後の晩餐は壁画のため、有名な美術館などに持ち出して保存することができず、保存に細心の注意が払われていることがわかりました。

また、ヨーロッパは大きな戦争を何度も経験していますが、戦禍で修道院が焼け落ちても壁画だけは奇跡的に残ったことや、他国の時の権力者から絵を守るために、地元の人たちが土嚢を積み上げて隠したりもしていたこともわかりました。

最後の晩餐の壁画自体も興味深かったですが、この壁画を残してきた人々の努力の歴史にも思い馳せることができ、とても興味深かったです。

最後の晩餐は、ガイドさんの解説付きで一度はきちんと見ておきたい絵でした。

ツアー番外編。ミラノのスターバックスが凄いw

最後の晩餐を見て今回のミラノ市内観光ツアーは終了ですが、解散場所からほど近いところにあるスターバックスに個人的に足を運んできました。

こちらは日本でも東京などに数店舗あるスターバックスリザーブロースタリーのミラノ店です。

イタリアではスターバックスリザーブロースタリー第1号店だそうですが、Palazzo delle Posteの建物をそのまま利用した店舗はスタバとしては豪華すぎで驚きますねw

店内は東京にあるリザーブロースタリーの店とも共通する雰囲気がありますが、ファッションの街ミラノらしく、ファッショナブルな装いのマネキンも飾られています。

コーヒー豆の焙煎の様子も見られます。

場所はドゥオーモからもほど近い、地下鉄のCordusio駅のすぐ前にあります。

ミラノ観光に疲れたらここで一息つきたいところですが、ミラネーゼよりも観光客に人気のようで、ものすごく混んでいますね。

ミラノ市内観光ツアーはミラノが初めての人におすすめ!

今回のミラノ市内観光ツアーはほぼミラノ中心部に集中しているので、自力で全て見て回ることも全然可能です。

ただ初めてミラノに来た人には、ガイドさんが丁寧に解説しながら見て回れるので、おすすめしたいですね。

ミラノ2回目の私ですが、初回訪問時は自分で見て回っただけなので、見たことはあっても知らないことが多かったです。

また、最後の晩餐を見るチケットは海外の公式サイトでの予約となるため、自力でチケット手配をするよりはツアーに含まれている方が手軽でした。

ミラノが初めてで滞在日数も限られている人はぜひツアーに参加できるか、こちらから調べてみてください。

「最後の晩餐」入場付き!ミラノ半日観光 日本語ガイドツアー<午前 or 午後/日本語ガイド> by Max Harvest