ホノルルハーフマラソン、ハパルア2015走ってきました!

2014年の12月にホノルルマラソンに出て4ヶ月後の2015年4月12日、今度はホノルルマラソンハパルアに出走してきました。ハワイ旅行から4ヶ月後にまたハワイ。自分でも贅沢だと思いますw

レース受付の場所はホノルルマラソンの時と同じハワイコンベンションセンター。

ただし会場はホノルルマラソンの時のような1階の大ホールではなく、長いエスカレーターを上った3階の小規模ホール。

さすがにホノルルマラソンに比べると規模が小さい感じは否めません。

受付の手続きはホノルルマラソンと同様で、ゼッケンを受け取って、ゼッケン裏のチップをアクティベートして、出展ブースへ続くといった流れです。

Tシャツやマラソングッズの販売も行われています。

私はあろうことか、マラソン用のGPSウォッチをジャパンに忘れてしまったので、ここで安いスポーツウォッチを購入しました。

参加者の名前を綴って作られたハパルアの旗も展示されています。

私の名前も縫い目に隠れそうなギリギリのところにありました(笑)

ホノルルハーフマラソンハパルアは空が明るくなってきてからスタート!

ハパルアはカラカウア通りのデューク・カハナモク像前がスタート地点。

朝5時過ぎからモアナサーフライダーやハイアットリージェンシーホテルなどの前はマラソンランナーで大混乱。

ホノルルマラソンより規模は小さくても、スタート地点の盛り上がりは負けていないです。

ホノルルマラソンは朝5時スタートですが、ハパルアは朝6時スタート。空も明るくなり始めているためか、スタートの花火はなかったです。

ハパルアのコースはホノルルマラソンのコースからハイウェイとハワイカイのあたりをなくした感じ。

ホノルルのダウンタウンを走って折り返してワイキキに戻り、ダイヤモンドヘッドを一周してスタート地点の少し東側にあるカピオラニ公園前の通りに戻ってきます。ゴール地点はホノルルマラソンと同じですね。

走っていて気づくのは、ホノルルマラソンよりスタートが1時間遅いため、同じコースでも見る景色が違うということです。

ハパルアは朝6時のスタート時点でけっこう空が明るくなっています。

ホノルルのダウンタウンのあたり、ホノルルマラソンの時は朝早いので真っ暗ですが、ハパルアはすでに空も明るいので景色を楽しめます。

カメハメハ大王の像もホノルルマラソンの時は真っ暗でよく見えないですが、ハパルアならはっきり見えます。

スタートが1時間違うだけで、ホノルル市内のまた違った魅力がわかるような気がしました。

ホノルルハーフマラソンハパルアで女子力の高すぎる美ジョガーに遭遇?!

スタート後の混雑から少し人がばらけてきたダウンタウンを少し抜けたところで、めちゃ可愛い女子力の高すぎる美ジョガーさんが3人並んで走っていました。

ペースも自分には程よかったので、少し後ろを癒されながらついていくことに。

すると、2人乗りバイクでカメラマンがついてきたり、カメラを構えながら走ってくる人が次々に登場します。

どうやらこの美ジョガーさんたちは芸能人らしい。どおりで女子力が異常に高かったわけですね。

でも私はテレビをほとんど見ないので、レース中は誰なのか全然わかりませんでした。ただめちゃめちゃ美人がいるとしか(笑)

ゴールしてからネットで調べると、長谷川理恵さんやSUPER☆GiRLSのみなさんはじめ、今回のホノルルマラソンハパルアはたくさんの芸能人が走っていたみたいです。

ホノルルマラソンでも芸能人ランナーは多いですが、ランナーが3万人近くいるホノルルマラソンに比べると、ハパルアは大会規模が小さい分、芸能人ランナーの皆さんと会える機会が多いみたいですよ!

ハパルアはダイヤモンドヘッドをぐるりと一周!

ダウンタウンを折り返してワイキキのカラカウア通りに戻ってくるまではホノルルマラソンとまったく同じコースですが、ワイキキを外れた15キロくらいからはホノルルマラソンとは別コースになります。

ダイヤモンドヘッドをぐるりと一周してくるわけですが、当然のように登り坂です。

ここで歩いているランナーもけっこういたんですが、私は「今回はハーフだし、絶対に歩きはない!」と決めて走り通しました。4ヶ月前にピカチュウの格好でフルを走って死んでた時に比べたら、こんなの楽勝です!w

ダイヤモンドヘッドの正面入り口に回るような感じのコースで、ダイヤモンドヘッドの登山ツアーとかに参加するとくる場所ですね。

ある程度の坂を登れば、またゆるいアップダウンの道になるのでコースとしてはそんなにハードではないと思います。

ダイヤモンドヘッド入り口前の道を抜けると、ホノルルマラソンではいつも歩いてしまうあの坂道と合流します。

苦しい思い出しかない坂道ですが、今回はハーフなので体力的にも余裕です。始めて普通に走りきったかもしれませんw

坂の頂上付近の広い駐車スペースで太鼓の応援を受けたあとは、ゴールまではひたすら下りです。

記録を狙えるほど仕上がった状態で来ているわけではないので、ゴールまでもただマイペースでのんびり走りました。

スタートからずっとマイペースで走り、2時間2分ほどでゴール。自己ベストとか記録には無縁ですが、充実感のある清々しいゴールでした。

ホノルルまで来てハーフマラソンってどうなの?

ホノルルマラソンハパルア、私は今回が始めての参加でしたが、とても良い大会でした。マラソン大会としてもとても良かったのですが、走ってみて実感したのは、ゴール後の余裕でした。

ハーフマラソンなので朝6時にスタートして、標準的なランナーならゴールするのは8時前後。モーニングランをちょっと長めに走った感じです。

ゴール後もフルのホノルルマラソンに比べると、ハパルアの場合は時間も体力も余裕があります。

だから、海やプールで身体をほぐして着替えてから、ショッピングや観光をしたり、アクティビティに挑戦したりできます。

せっかくハワイまで来たのに、マラソンだけ走ってすぐ帰るのでは非常にもったいないです。

マラソンで全てのエネルギーを出し尽くしてハワイでの1日をぐったり過ごしてしまうのも、もったいないです。

ハーフマラソンなら体力も午後には回復して出かけたりできます。タイトな日程で参加した人でもホノルルを満喫できるところにもハパルアの魅力があるなと思いました。

フルのホノルルマラソンの比べたら、挑戦するための大目標としては、ハパルアは不足かも知れません。

でも間違いなく参加してよかったと思えるレースです。

ホノルルマラソンは12月という忙しい時期です。12月にはどうしても休みが取れない、そんな方はぜひ参加してほしいレースですね。