フォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズ宿泊記。客室、朝食、プール、ジムなどブログレポ【オーストラリア旅行2019】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

オーストラリアのメルボルンへ旅行してきました。

JAL修行とマラソン参加のためのメルボルン訪問です。

そのときに宿泊したのが、フォーポインツバイシェラトン・メルボルン・ドックランズというホテルです。

メルボルン中心街の西側、サザンクロス駅のさらに西に広がるドックランズという新興開発地区にあり、ホテルのすぐ前には無料で市内を循環するフリートラムの停留所もあります。

メルボルン市内のマリオット・ボンヴォイの系列ホテルでは一番安かったのと、便利そうだったので選んだホテルですw

フォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズの客室

窓側から部屋を見渡したところ

今回宿泊したのは14階のこちらのお部屋でした。

予約は一番料金の安い低階層で、マリオットボンヴォイ会員料金・事前購入(全額前払い)で入れていましたが、16階まで客室がある中での14階なので、低階層から高階層へアップグレードされたことになります。

フォーポインツのホテルにはクラブラウンジやスイートルームの設定がないため、このホテルでできる精一杯のアップグレードだったと思います。

今回もマリオット・ボンヴォイのプラチナエリート会員の特典の威力がほのかに発揮されております。

比較的新しい建物なのか、館内も客室もとてもキレイです。部屋も1〜2名で宿泊するなら十分な広さですね。

1名で宿泊したのでベッドはダブルですが、シングルベッドを2台連結しているので、2名でもベッドをセパレートにして快適に過ごせそうな感じです。

デスク周りはシンプルですが、机と右のサイドチェストにも大きな引き出しがあって使いやすかったです。

コンセント周りは通常の電源の他にUSBケーブルを直接つなげる電源ポートが2口あります。

日本の電化製品をオーストラリアのコンセントで使うにはOタイプの変換プラグが必要ですが、変換プラグがなくてもとりあえずスマホの充電くらいはできますね。

部屋のWi-Fiは無料で使え、速度もネットを見たりYouTubeを見たりする分には十分でした。

部屋には350mlのペットボトル水2本が毎日補充されます。

客室の洗面所・シャワー

Moxyっぽいトイレと洗面の様子

客室内の洗面所はシンプルで清潔感のある作りになっています。

なんとなくですが、マリオット・ボンヴォイのホテルグループの一つ、Moxy(モクシー)の洗面所やトイレに似ていますねw

シャワーは可動式のシャワーヘッドと、天井からのレインシャワーの2通りが使えます。水圧は十分でお湯もすぐ出てきます。バスタブはありません。

シャワーカーテンもなく、洗面所とはガラスで半分仕切られているだけなので、あまり水跳ねしないよう大人しくシャワーを使いましょう。

部屋からはメルボルンのドックランズの夜景が見渡せる!

空港からメルボルン市内には夜の0時すぎに到着して深夜のチェックインを済ますと、お部屋の窓から眺める景色はこんな感じでした。

なかなか景色の良いところだなと夜は思ったのですが、昼に見るとこんな感じです。まだまだこれから開発が進められる地域のようですねw

今回泊まったお部屋からは橋が見えますが、反対側のお部屋からはメルボルン観覧車が見えるはずです。

メルボルンの市街地からは少し離れるので、夜も静かに過ごせました。

フォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズの朝食

このホテルでは朝食は1階のレストラン会場で6時から10時半くらいまで食べられます。

マリオット・ボンヴォイのプラチナエリート会員の宿泊特典で500ポイントか朝食を選べるのですが、物価の高いオーストラリアでは500ポイントより朝食の方がコスパ的にも良さそうなので、朝食をチョイスしました。

9時頃に訪れたのでビュッフェも少し減っていますw

カリカリベーコンが好きな私としては、ちょっとベーコンがイケていませんでしたが、美味しい朝食でした。野菜を食べた方がいいですねw

フォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズのジムとプール

ジムとプールは7階にあります。

トレーニングジムは広くはありませんが、ステッパー、トレッドミル、ダンベル、筋トレマシンと一通りの設備は揃っています。

有酸素運動は天気の良い日なら、すぐ近くのドックランズの港の周りを走ったりする方が楽しいかもしれません。

プールはとても良い感じで、25メートルがっつり泳げます。プールの奥の一角が温水ジャグジーになっていて、ジャグジーで体をほぐすこともできます。

今回の宿泊は水着を忘れてしまって、ジャグジーに浸かれなかったのが少し残念。。。

フォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズの場所とアクセス

フォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズは、メルボルンの中でも新しく開発が進むドックランズ地区の端の方にあります。

ホテルのすぐ前にトラムのThe District/Docklans Driveの駅があり、無料で乗車できるフリートラムのエリアにギリギリ入っているので、空港までのSky-Busが出ているサザンクロス駅や、観光名所のフリンダーストリート駅などへは無料で行けます。

ただし乗車料金は無料ですが中心街からは離れているため、トラムだとフリンダーストリートの駅まで20分くらいかかります。

メルボルン中心街へのアクセスは時間に余裕を持って移動するようにしましょう。

フォーポインツバイシェラトン・ドックランズのすぐ裏にはドックランズ地区の近未来感ある建物が並んでいて、なかなかのインスタ映えスポットです。

ホテルの近くもぜひ散策してみてくださいね!

メルボルンにあるマリオットボンヴォイのホテル一覧

メルボルン市内には2019年10月現在、マリオット・ボンヴォイのホテルが5つあります。このほか2020年にはWメルボルンが開業するようです。

  • メルボルン・マリオット・ホテル
  • ウェスティン・メルボルン
  • シェラトン・メルボルン
  • フォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズ
  • エレメント・メルボルン・リッチモンド

このうち、メルボルン中心街のフリートラムエリアにあるのがマリオット、ウェスティン、シェラトンの3ホテルです。

特にウェスティン・メルボルンはフリンダーストリート駅から徒歩5分くらいの場所にあり、メルボルン名物のカフェ巡りをするなら最高の場所です。

フリートラムの終点にあるフォーポイントバイシェラトン・メルボルン・ドックランズに比べると、市内観光をしていて「最高の立地じゃん!」と思いました。

メルボルンからツアーでグレートオーシャンロードやヤラバレーのワイナリーなどに出かけることが多い人はちょっと郊外のフォーポインツでもよいですが、市内観光やショッピングが中心ならウェスティンがおすすめですね。