グレートオーシャンロードツアーに参加しました!感想ブログレポ【メルボルン旅行2019】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

メルボルン旅行の際に、メルボルンから南西の海沿いの道を走るグレートオーシャンロードの現地ツアーに参加しました(2019年10月)。

オーストラリアの広大な自然と絶景が楽しめるとても良いツアーだったので、ツアーの様子や感想をメモがわりにブログレポでご紹介します。

https://hiroshix.com/wp-content/uploads/2019/08/5ASKNnDc_400x400-300x300-1.jpg

今回の現地ツアーも海外旅行のたびにお世話になっているベルトラさんで見つけたツアーです。日本語ガイドさんの運転による楽しいツアーでした。

ベルトラのグレートオーシャンロードツアーはこちら

グレートオーシャンロードツアーのバス

今回のグレートオーシャンロードツアーはこちらのヨカ!ヨカ!のマイクロバス?に乗って、ガイドさんを入れて日本人ばかり総勢12名のツアーでした。

車窓から見える景色w

メルボルンの街中を朝8時頃に出発し、まずはひたすらに12使徒の海岸を目指します。

道中はメルボルンのセントキルダ在住の日本人ガイドさんから、メルボルンについていろんな話を聞きながらのドライブです。

メルボルンは今急速に人口が増えていて朝の交通ラッシュが激しくなっており、渋滞に巻き込まれないようにうまく時間調整して走ってくれています。

私は今回が初めてのメルボルン訪問で、ガイドさんの話も役立つことが多かったのですが、このツアーに参加したのが旅行最終日だったのが悔やまれます。もっと早く聞きたかったw

途中何度かのトイレ休憩などを入れながら、12使徒の海岸に到着です。

グレートオーシャンロードの絶景スポット「12使徒」

バスを降りて少し歩くと、わかりやすすぎる絶景が広がります。

12使徒はその名の通り、12の大きな岩が海に突き刺さるようにそびえ立つ場所です。

しかし波の侵食により今は8つの岩しかないそうです。

道中は少し雨がぱらつく時もありましたが、海に近づくにつれて天気もなんとか持ち直し、遠くまで見渡せました。

展望スポットの反対側にも岩があります。

しかしなぜこんな地形が出来上がるのか、不思議ですね〜。

12使徒の岩はポート・キャンべル国立公園の中にあります。

メルボルン市内からは南西へ190km。

レンタカーを借りて自力で行くこともできますが、オーストラリアはとても広い上にスピード違反の取り締まりも厳しいようなので、やはりツアーで行くのがよいですね。

紅の豚の舞台?とも言われるロックアードゴージ

12使徒の岩から車で15分くらいのところにあるロックアードゴージ(Loch Ard Gorge)です。

ここは宮崎アニメの映画「紅の豚」の舞台にもなった場所と言われています。

岩場に囲まれた砂浜なので、そんな雰囲気はありますね。

しかし紅の豚の舞台と言われる場所って、他にもイタリアとかクロアチアとか、わりと世界中いろんな所にある気がしないでもありませんw

砂浜に降りて、岩の間から南極へ連なる海を望みます。

ロックアードゴージの砂浜から崖の上を見上げたところです。

昔このあたりで船が難破して18歳の少年少女の2人が夜の海に投げ出されてここに流れ着き、一夜明けた翌朝に少年がこの崖をよじ登って助けを求めに行ったそうです。

若いとはいえここをよじ登るのは大変ですねw

このロックアードゴージも12使徒に続いてグレートオーシャンロードの素晴らしい絶景スポットですね。

グレートオーシャンロードツアーのランチ

今回のグレートオーシャンロードツアーのランチはこちらのお店でいただきました。

写真だと小さなお店に見えますが崖の縁に建てられており、奥の階段で下の階にも行けるため、中はけっこう広いです。

写真は撮り忘れましたが、このお店でベジラップをいただきました。

ケネットリバーでコアラと鳥を見る!

ランチのあとはケネットリバーホリデーパークに移動してコアラウォッチです。

木の上の方にいる丸い影がコアラです。高いところに登りすぎて影しか見えませんw

動物園で見るコアラと違って、本場のコアラはグイグイとユーカリの木の上の方まで登っていきます。

ユーカリの木も樹齢数百年とかになるとものすごい大木になるそうです。

別の場所の手の届く高さにいたコアラさんにユーカリの葉っぱをあげます。やはり間近で見るとコアラはかわいいですね!

ここはコアラさんよりも鳥たちに本当に圧倒されました。

野生すぎて人間に対する警戒心が全くなく、鳥たちのほうから遠慮なくどんどん近寄ってくるのです。

警戒心がなさすぎるので、人間様がこんな近くからスマホのカメラを向けてもぜんぜん動じませんw

こちらも椅子に止まっているのを望遠なしでかなり近づいて撮影したのですが、まったく動かずにポーズを決めてくれます。

手に餌を持つと、このように鳥たちに熱烈にモテまくります。

鳥が好きな人にとっては天国のような場所だと思います。

ここは本当に楽しかったですねw

アポロ・ベイの街を散策

グレートオーシャンロード沿いにある小さな街、アポロ・ベイで休憩と散策をしました。

ここは海を眺めてのんびり過ごせる街ですね。

グレートオーシャンロードにはこうした街がいくつか点在しているようです。

今回はツアーバスで来たのでそれほどのんびりはできませんでしたが、メルボルンからレンタカーでくるなら、このあたりのホテルに泊まるのもよいと思いました。

カンガルーを観賞!

グレートオーシャンロード東側のローンという街のあたりで、カンガルーがたくさんいるゴルフ場があるということで、連れて行ってもらいました。

ゴルフ場に入ることはできず、柵の向こうから眺めるだけでしたが、確かにカンガルーがたくさんいました。

奈良公園の鹿のような感じでカンガルーたちがのんびりくつろいでいます。

iPhoneカメラの最大望遠なので画質は荒いですが、遠くにアルピノの白いカンガルーもいました。

スクッと立ち上がってこちらを見るカンガルーたちは、なかなかコミカルでかわいいですねw

ここ以外にも、道中でカンガルーがひょっこり姿を見せる場面は何度もありました。

ただ野生のカンガルーは鳥と違って普通に警戒心があり、あまり人間には近づいてこないようです。

まあカンガルーはけっこう大きいので、勢いよくジャンプして飛びかかってこられても怖いですからねw

グレートオーシャンロードの記念碑的な場所へ

グレートオーシャンロードはその昔、オーストラリアの帰還兵の皆さんがショベルカーなどの重機を使わずにスコップやつるはし、ダイナマイトなどで崖を削って道を切り開いたそうです。

それが数百キロも続くので、本当に途方もない道です。

海沿いの崖なので危険な箇所も少なくないはずですが、本当に偉大な仕事ぶりです。まさにグレートオーシャンロード!

グレートオーシャンロードは崖に沿って道が作られたので、崖崩れや落石などもたびたびあるようで、私が訪れたときも一部で道路工事をしていました。

偉大な道を維持するのもなかなか大変のようです。

グレートオーシャンロードはキバタンがすごかった

グレートオーシャンロードでは至る所で、この頭に黄色いトサカのようなのが伸びているキバタンという鳥がたくさんいます。

近づいて写真をとっても全然平気で逃げていきません。

野生なので、なんならツアーのみなさんのおやつを盗みに来たりもしますw

きれいにクッキーを盗み取って木の上で食べていたので、カラスと同じ程度に賢い鳥なのかもしれません。

グレートオーシャンロードツアーは12使徒などの絶景スポットも素晴らしかったですが、コアラやこのキバタンのように、オーストラリアでしか見られない動物たちとの触れ合いも本当に楽しかったです。

メルボルンを訪れたら、本当にぜひ一度は行ってみてほしいツアーですね。

グレートオーシャンロードツアー参加の注意点

ツアー参加の注意点
  • 乗り物酔いする人は酔い止め必須
  • 朝7時〜夜8時の長時間ツアー。前日の体調管理はしっかりと。
  • 休憩時にトイレは必ず行っておく。
  • 天気が悪いと厳しいかも…。

グレートオーシャンロードツアーはメルボルンから日帰りで行けますが、長時間のドライブツアーなので、乗り物酔いとトイレ対策は必須ですね。

オーストラリアはスピード違反の取り締まりが非常に厳しいそうですが、道中はかなり距離がある上に制限速度が80キロや100キロとかなので、ツアーバスもかなり飛ばします!

大きく揺れるようなことはありませんでしたが、小さなお子さんを連れての参加は難しいかもしれません。

ツアー前日も夜遅くまでワインを飲んだりとかは控えた方が良いでしょう。

体力的にはそれほどハードではなく年配の方でも十分楽しめますが、体調を万全に整えて参加すべきでしょう。

ベルトラのグレートオーシャンロードツアーはこちら!