ケアンズでコアラ抱っことカンガルー餌付け、そしてクロコダイル捕獲!【オーストラリア旅行2016】

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

2016年9月、オーストラリア、ケアンズに到着した初日に、ベルトラで見つけたコアラを抱っこしたりワニが観れるオプショナルツアーに参加してきました。

オーストラリア、ケアンズのオプションツアーはこちら

私が参加したのはハートリースアドベンチャーズ & ケアンズ市内観光ツアー

シャングリラホテルでのピックアップ時間は朝9時ですが、ケアンズの空港には朝5時頃には到着していたので時間だけは余裕で間に合いました。

眠い目をこすりながらホテルチェックイン前にスーツケースだけ預かってもらっての参加です。

このツアーで熱帯雨林のトロピカルな植物がいっぱいの植物園「ケアンズボタニックガーデンズ」と、施設全体が熱帯雨林の世界遺産で、コアラ抱っことクロコダイルクルーズができる動物園「ハートリースアドベンチャーズ」へ行ってきました。

ケアンズボタニックガーデンズ

まずはケアンズボタニックガーデンズで熱帯の植物見学。

オーストラリアといえばエアーズロックのような砂漠と荒野のイメージが強かったのですが、赤道に近いケアンズのあたりは熱帯雨林気候で熱帯の植物がたくさんいます。

確かに日本では観られない珍しい植物がいっぱいです。

ただ、ケアンズへ向かう飛行機の中ではほとんど眠れなかったので、ひたすら眠気マックス。

日本語ペラペラの現地ガイドさんがいろいろ熱心に説明してくれていたのですが、ほとんど聞いてませんでした(汗)

突然クロコダイルを素手で捕まえるイベント発生!

ハートリースクロコダイルアドベンチャーズでは、到着してからまずはさっそくワニを手づかみしてもらうという、危険極まりないガイダンスを受けました。

緊張で一気に眠気が覚めました。。。

ワニは別に触りたくないんだけど・・・。

やってきたクロコダイルは人間でいえばまだ1歳という赤ちゃんクロコダイル。

口は丁寧に紐で縛ってあって、噛みつかれないようになっています。

しかし赤ちゃんとはいえクロコダイル、尻尾の動きには侮れない重みと鋭さがありますw

静かにそっとクロコダイルを手渡されて記念撮影。

動かないでいてくれたから全然問題なかったけど、暴れられたら確実に落としてますねw

カンガルーの餌付けとコアラ抱っこで癒される

ドキドキのクロコダイル捕獲を終えると、次はいよいよコアラとカンガルーにご対面です。

動物園の人によると、コアラはストレスに弱い生き物なので、基本的に触ってはいけないそう。写真撮影の時だけ特別に抱っこさせてくれます。

さらにコアラは1日30分までしか働かせてはいけなく、働いたら2日以上休ませないといけないらしいです。

コアラ様のように働きたいものですw

こちらはカメラ撮影前の出待ちのコアラさん。

カメラ撮影のためにコアラを抱っこしますが、オスで年をとったコアラほどフェロモンが出て匂いがきつくなるそうです。

私が抱っこしたのはオスのけっこうおっさんなコアラ。匂いはそんなにきつくありませんが、メスのもうちょっとかわいいコアラがよかったなぁw

コアラの扱いが非常にデリケートな一方、カンガルーの扱いは非常にぞんざいで、園内では自由に撫でたり餌をあげたりできます。

にんじんやスイカを手から食べてくれて、本当にかわいいです。

カンガルーたちは本当にかわいかったけど、コアラは近くでみると、けっこう悪そうな顔してるんですよね。

ストレスですぐに心を病んでダークサイドに落ちてしまうんでしょうかw

クロコダイルクルーズは迫力がやばすぎる!

最後は大きなクロコダイルがウヨウヨいる池をボートでゆっくり進むクロコダイルクルーズです。

迫力あるクロコダイルを見せるために、鶏肉を釣竿で吊り下げて、彼らの目の前にぶら下げています。

素早く飛び跳ねて食いついてくる瞬間の動きがやばすぎます!

クロコダイルが大きく開けた口を閉じるたびに、カポンッ!と音が鳴ります。

噛みつかれたらひとたまりもありません。池に落ちたら即死亡ですねw