カンボジア、アンコールワットは水の神殿?朝日も拝んだよ!

こんにちは!ぴかちゅう(@hiroshix_dx)です。

名古屋から香港経由でシェムリアップにやってきました。

カンボジア、シェムリアップは遺跡の街です。

なんといっても世界的な大遺産、アンコールワットとアンコールトムがある街ですからね。

 

アンコールワットで日の出を拝む!

アンコールワットから昇る朝日を拝むため、朝5時にガイドさんとともにホテルを出発。

眠い目をこすりながらやってきて拝む朝日はとても幻想的でした。

毎年春分の日と秋分の日になると、ちょうどアンコールワットの中心の塔の上から太陽が昇るのだとか。

それ絶対見たいやつです!w

 

アンコールワットを裏から攻める!

アンコールワットの裏側です。

裏側と言われても、裏側とは思えない堂々たる佇まいのアンコールワット。

ガイドさんの粋な計らいで、混んでいる正面からではなく、空いている裏側からアンコールワットを見て回ります。

アンコールワットの遺跡の中には石壁に女性の彫像がたくさん掘られています。

このアンコールワットはもともと水に満たされた神殿だったそうです。

夜になると壁の女性の彫像が火の光に照らされ、水面に映る様子はまるで踊っているかのように見えたそうで、神を祀るために踊る女官をイメージして掘られているとか。

確かに言われてみるとそのようにも見えます。

遺跡はただ見るだけでなく、いろんな想像を働かせて見ないといけませんね。

それにしてもアンコールワットは広いです。

壁の彫刻がすごく繊細に掘られているので、見ていて飽きることはないのですが、広すぎてさすがに歩き疲れますw